*百花繚乱*

カテゴリ:*葉と実と木*( 117 )

京都で見つけた 木瓜の花

木瓜 <ボケ> 
バラ科
花言葉  退屈  英名 Flowering Quince
f0099535_2238984.jpg



知恩寺にて・・・・



鮮やかな赤色の木瓜が満開で綺麗やな~と 眺めていたら

なんちゃら市にでも来たんやろ


「梅が綺麗なあ~」と 木瓜を見ながら歩いてた
f0099535_22382814.jpg




まさしく


あんたの花ですな・・・・と心の中で笑う

f0099535_223847100.jpg



う~ん

いぢわるなあたしでした

ははは


でも 木瓜と梅を間違うんはあるとおもいます!
うんうん




あたしも前までは もっとひどかったもんな~

f0099535_2239240.jpg





余談

離宮公園に梅を見にいったときも
ツバキを指差して尋ねる子供に 堂々と

「これなに?」

「それは牡丹やー」と いうてる父親がいた


まあええねんけど・・・・・・・・


牡丹を見たら なんていうんかな?と じぶんの意地の悪さに苦笑する
f0099535_22391582.jpg




撮影場所
知恩寺 <京都・百万遍>


撮影日
2009.3.15


れお♪
[PR]
by hnahitotuma | 2009-03-22 22:40 | *葉と実と木*

銀閣寺と哲学の道とミツマタと桜の蕾

三叉・三椏 <ミツマタ>
ジンチョウゲ科
花言葉  意外な思い  英名 mitumata paperbush  漢名 黄瑞香 結香
f0099535_9553546.jpg







随心寺をあとにして 目指すは銀閣寺~  (え?

早咲きの桜(富士桜とおかめ桜)が満開やということで知恩寺を目指す

知恩寺へのバスの途中に銀閣寺があることを知り

急遽 バスから飛び降りる (ぷ
f0099535_9555082.jpg







去年は (どっちが始点でどっちが終点か知らんけど)
南禅寺のほうの哲学の道の桜並木を少し歩いた

※哲学の道は 銀閣寺から南禅寺までの桜並木でおよそ2キロ弱
f0099535_956530.jpg





桜はまだまだ  笑

f0099535_9562376.jpg






蕾を見ても 「あと何日」とは さっぱりわからん  笑
これがわかるようになったらなあ~

でもまだまだ固いなあーというのだけは なんとなくわかる (だれでもか?)
f0099535_9563780.jpg







これが薄ピンクに染まったら それはそれは綺麗やろなあ~と想像力だけはかきたてられて

咲いてもないのに なぜかテンションはあがる  (たんじゅ~ん)

そして 咲いている姿を やっぱし見たい!と あらたな闘志がわいてくる
f0099535_9565267.jpg







そして 狭い参道を登って銀閣寺を目指す

参道にはびっしりと おみやげものやさん♪

つまみ食い(試食)しながら歩くのが 楽しいのだ
f0099535_957695.jpg








f0099535_957204.jpg







銀閣寺の「銀閣」 (なんのこっちゃ)は 修復工事のため(2年もやで) 足場が組まれ
シートにおおわれているとのことで
入り口でUターン  爆

歴史と寺には興味がないのだ

(ほな なにしにいってん?)

あはは

あたしの京都プチお花見歩きは まだまだつづく・・・♪
f0099535_9573470.jpg



桜 <サクラ>
バラ科
花言葉 優れた美人 (八重) 豊かな教養  別名  佐久良 木の花 花王 夢見草  英名 Japanese cherry



撮影場所
銀閣寺周辺 <京都>



撮影日
2009.3.15


れお♪
[PR]
by hnahitotuma | 2009-03-19 10:11 | *葉と実と木*

キセキ♪

伊呂波紅葉 <イロハモミジ>
カエデ科
花言葉  遠慮   別名  小葉紅葉(コハモミジ)  高雄楓(タカオカエデ)  英名 Japanese maple

♪~
明日 今日よりも好きになれる
溢れる想いがとまらない
今もこんなに好きでいるのに 言葉にできない
f0099535_9101738.jpg





君のくれた 日々が積み重なり 
過ぎ去った日々 2人歩いたキセキ 
僕等の出会いがもし偶然ならば 運命ならば 
君に巡り逢えた それってキセキ
f0099535_9104351.jpg





2人寄りそって歩いて 永久の愛の形にして
いつまでも 君の横で笑っていたくて
「ありがとう」や ああ 「愛してる」じゃ まだ 
足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と
f0099535_911134.jpg




いつも君の右の手のひらを ただ僕の左の手のひらが

そっと包んでく それだけで ただ愛を感じていた


日々の中で 小さな幸せ
見つけ重ね ゆっくり歩いたキセキ
僕らの出会いは 大きな世界で
小さな出来事 巡りあえたそれってキセキ


上手く行かない日だって 2人でいれば晴れだって
強がりや寂しさを 忘れられるから
僕は君で なら 僕でいれる から
だからいつも傍にいてよ 愛しい君へ
f0099535_9112412.jpg



2人ふざけあって 帰り道 それも大切な 僕らの日々
思いよ届けと 伝えたときに 初めて見せた 表情の君
少し間があいて 君がうなずいて
僕らの心 満たせれてく愛で
僕らまだ 旅の途中で
またこれから先も 何十年 続いていけるような 未来へ

例えばほら 明日を見失いそうに僕らなったとしても

2人よりそって歩いて 永久の愛の形にして
いつまでも君の横で笑っていたくて
「ありがとう」や ああ 「愛してる」じゃ まだ
足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と
f0099535_9114018.jpg




上手く行かない日だって 2人でいれば晴れだって
喜びや悲しみも 全て分け合える
君がいるから 生きていけるから
だからいつも傍にいてよ 愛しい君へ

最後の一秒まで

明日 今日より笑顔になれる
君がいるだけで そう思えるから
何十年 何百年 何千年 時をこえよう
君を愛してる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪キセキ
f0099535_911555.jpg





もみじ

秋が主役とおもってたけど


春には白い花をつけ

春のおわりにはピンクの実をつける


秋への準備


いよいよ本格的な夏やなあ~


がんばろ







撮影場所  
花/兵庫県立フラワーセンター <兵庫県・加西市>
実/高山植物園 <神戸六甲>


撮影日
花/2008.4.25
実/2008.6.16


晴れ


(●・・●)れお
[PR]
by hnahitotuma | 2008-06-28 09:16 | *葉と実と木*

ピンク色の木  大葉紅槲

キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
f0099535_20394139.jpg








キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
f0099535_20394944.jpg









キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
f0099535_2040425.jpg







ずびばせん・・・・



意味はありません・・・
f0099535_20401697.jpg







ははははははっっっっ
f0099535_20403010.jpg



大葉紅槲<オオバベニガシワ>
トウダイグサ科
別名 大葉赤芽柏(オオバアカメガシワ)



撮影場所 
兵庫県立フラワーセンター <兵庫県・加西市>



撮影日
2008.4.25


れお♪
[PR]
by hnahitotuma | 2008-04-25 20:40 | *葉と実と木*

『太陽と月に背いて 』 <ススキ> 3


あれが見つかった
何が――永遠
太陽と共に去った
海のことさ
f0099535_9273470.jpg





見張り番の魂よ
そっと打ち明けようよ
あんなにもはかない夜と
燃える昼とについて
f0099535_97080.jpg




世間の評判からも
月並みな方向からも己を解き放って
自由に飛んでゆくがいいのだ
f0099535_9781.jpg





なぜなら サテンの燠よ
ただお前だけから
義務は立ち現れるのだ
ついに などという間もなしに
f0099535_971660.jpg





そこでは望みという徳も
復活の祈りも無用だ
忍耐をともなう学問
つまり責め苦こそが必定だ
f0099535_972653.jpg





あれが見つかった
何が――永遠
太陽と共に去った
海のことさ

-アンチュール・ランボオ- 「地獄の季節」
f0099535_973779.jpg





ランボーなんか ランボウなんかが 意見のわかれるとこみたいやけど

どうやら ランボウと最初にいうたんが 中原中也・・という噂もあるねんけど

それも どうも怪しいみたい


中原中也が訳してる詩もあって  それもええな~とおもてんけど

それもどうも パクリらしいと知り ちょっと がっかりしてしもた
f0099535_9284085.jpg





詩の内容はようわからんけど 最初(と最後の)4行・・これに衝撃をうけたかな

・・で かたっぱし ランボウを調べてみたけど

好きな人いうんは むずかしいことをようしってて むずかしい言葉を並べとるから

ますますわからんようなってもた  はははー
f0099535_9285098.jpg




って ススキと関係ないがな!



薄/芒 <ススキ>
イネ科
花言葉  心が通じる   別名  尾花(オバナ)  茅(カヤ)  英名  Eulalia



撮影場所
砥峰高原 <兵庫県・神崎郡>


撮影日
2007.10.28


れお♪
[PR]
by hnahitotuma | 2007-11-01 09:37 | *葉と実と木*

パノラマの風景 <ススキ> 2


今のカメラを使い出して1年と少し

いままでつこたことなかったサイズの写真

こないだから ちょこちょこと試し撮りしています
f0099535_7321118.jpg



なんてことはない  ワイドサイズ

いわゆるパノラマってやつかなあ


それでも 360度の景色を写すには これがええな~と気づきました


モニタで見ても パソコンでみても ふつうのサイズで写したのよりは だいぶ臨場感はある気がするねんけど・・・


ブログにアップしたとき サイズがでかすぎて表示されへんのちゃうかな・・という不安も・・
f0099535_7352769.jpg




試行錯誤しながら・・・がんばってみよう
f0099535_7367100.jpg




写真に残したいだけなのか  アップするために写すのか・・・

両方の気持ちはあるけど


パソコンの中でじぶんでみて 楽しみむこともあるけど

それでもアップしないと その場限りで また眺めることも なかなかないもんな~


パソコンサイズに妥協するのか

じぶんの撮りたいものを 撮りたいままに写すのか・・・
f0099535_7394620.jpg





それもまた試行錯誤しながら・・・・がんばってみよう
f0099535_7401544.jpg







薄/芒 <ススキ>
イネ科
花言葉  心が通じる   別名  尾花(オバナ)  茅(カヤ)  英名  Eulalia



撮影場所
砥峰高原 <兵庫県・神崎郡>


撮影日
2007.10.28


れお♪
[PR]
by hnahitotuma | 2007-10-31 07:43 | *葉と実と木*

砥峰高原 1

兵庫県のほぼド真ん中あたり (いわゆる兵庫県のヘソ?)にスズキの車でススキをみにいった


残念ながら鈴木さんは同行せず


でもそんなの関係ねぇ~
f0099535_7285141.jpg




「今日は気合いれていくで~」

「なんで?」そうびびるダンナちゃんに

「いっぱい歩くからね!」と宣言


「とにかく歩く格好と靴も歩ける靴でいくんやで!」

とキツク注意してしゅっぱ~つ!


事前に調べてみたら3キロ(90分)のコースになっとうらしい


3キロという距離に たかをくくるダンナ

「3キロなんで90分もかかるねん」そうはなで笑う


果てしなくまっすぐな単線の線路が すぐ近い未来を物語っていることはそのとき二人とも気づくはずもなく・・・
f0099535_7294126.jpg





現場についたとたん

「エェ~...... ( ̄□ ̄;)!!」

茫然自失のダンナちゃんであった
f0099535_739133.jpg






「ほんまに歩くん?」

「あたりまえやん!」


「俺 コージツサンソウいってくるわ」


渋るダンナちゃんを 
「歩いてお腹すいたらあとであんまきこうたるから」
と食い物でつり
f0099535_740028.jpg






「とりあえず展望台までいってみよ~」と歩き始める

見渡す限りススキの草原と山しかなく
展望台もみえへん


不安は募る
f0099535_7404720.jpg







お茶も残りすくない

「お茶こうといたほうがええんちゃう?」

「いらんやろ」

「こうといたほうがええとおもう」


・・・歩き始めてすぐ ジムニーにうってつけの道やのになあ

なんであるかなあかんねん
f0099535_743278.jpg







さっそくブツブツといいだしよった


ぷぷぷ


それでもポカポカの陽気と 青い空に軽快に歩みをすすめるノンキな二人であった
f0099535_7302311.jpg





いけども いけども 頂上にもつかず 展望台もどこにあるやら?


東屋がありしばしの休憩をする


あたしが持っていたお茶がそこでなくなる


リュックからチョコレートを取り出し食べる
f0099535_7434496.jpg






「そんなんもってきたん?」

「あたりまえやん!山登りにチョコレートは必須アイテムやん!遭難したときこれで命がたすかるんや」

「でもおまえ もうお茶ないやろ」

「え?」

あたしがこうとき~と いうてこうたお茶を目の前でちらつかせながら

「このお茶おれのんやで~」

「え?」

「お茶一口とチョコレート1粒交換したってもええで」


悔しいので「いらん!」と断り 

『よっちゃんイカ』を食べる


「あ~それ 俺が昨日こうたよっちゃんイカやん」


「あたしが持ってきたもん」


雄大な景色をまえに 醜態をあらわす二人に

そばにいた年配の夫婦らしき人はクスクス笑い


どっかの子供は 楽しくてしかたないのか


「ヤッホ~」と叫びつづける


まるで 『アッホー』とこだまがかえってきたような気がした


さて がんばろかー

お茶とチョコレートを物々交換して(結局したんかい!)

また歩きはじめる
f0099535_7305393.jpg




だんだんと 本格的っぽい険しい道になり 人ひとりがあるくのがいっぱいなほどの細い山道になっていく


ときおり足元がすべる


本格的なコージツサンソウ姿の人もちらほらいる


ぜぇぜぇはぁはぁと息もたえだえになり二人とも無口になる


コージツサンソウ姿のひとは こういう場所のマナーなのか すれちがいざまに「こんにちは」と挨拶をしてくれる


あたしも元気に「こんにちは」と返したいところやねんけど

「ごんにちば~」 かつぜつはわるいうえにかみまくり


息は絶え絶え・・・死ぬかおもたわ


絶対フルマラソンなんか挑戦せんとこ!


心に誓う




やっと頂上・・♪



あー征服感!


「うわー桂林みたい」

「どこやそれ」

「中国やん」

「いったん?」

「いってへん」

「ぷ」



でもまだ半分


どーするよ?   ぷ
f0099535_7311839.jpg




それでも 展望台までがんばり 来た道を戻るか前にすすむか迷う


この道を行けば
どうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ
行けばわかるさ


下りは早かった

登りのしんどさが嘘のように快適で爽快やった


戻らんでよかった・・・


あきらめんでよかったな~


全体を見渡せる場所からの眺めも壮大で雄大やけど

ススキしかないけど・・


それぞれの場所と 陽の位置や光の角度がかわるごとに
ススキの美しさがまた違って見えた
f0099535_7322630.jpg





薄/芒 <ススキ>
イネ科
花言葉  心が通じる   別名  尾花(オバナ)  茅(カヤ)  英名  Eulalia





撮影場所
砥峰高原 <兵庫県・神崎郡>


撮影日
2007.10.28


れお♪
[PR]
by hnahitotuma | 2007-10-29 07:35 | *葉と実と木*

莢蒾

莢蒾 <ガマズミ>
スイカズラ科
花言葉 恋のあせり 別名 ようぞめ よつずみ
英名 Linden viburnum, Linden arrow-wood


f0099535_21471839.jpg





やっとや・・・・  笑
f0099535_21473397.jpg





f0099535_21474194.jpg





f0099535_21474938.jpg





f0099535_21475615.jpg





f0099535_2148414.jpg





f0099535_21481272.jpg





撮影場所  
再度公園 <神戸六甲>



撮影日   
2007.6.8


晴れおんな♪
[PR]
by hnahitotuma | 2007-06-30 21:48 | *葉と実と木*

稚児車

稚児車 <チングルマ>
バラ科
花言葉  可憐   英名 Aleutian avens


f0099535_1913731.jpg




花の様子♪
f0099535_1914686.jpg





f0099535_1915598.jpg





f0099535_192365.jpg





f0099535_1921135.jpg




撮影場所  
高山植物園 <神戸六甲>


撮影日   
2007.5.28


晴れおんな♪
[PR]
by hnahitotuma | 2007-06-20 19:02 | *葉と実と木*

蔦  神戸ワイン城

蔦<ツタ>
ブドウ科
花言葉  誠実  別名  夏蔦(ナツヅタ)  英名 Japanese ivy, Boston ivy


f0099535_1834770.jpg




f0099535_18341827.jpg





f0099535_18342616.jpg




f0099535_18343489.jpg





f0099535_183442100.jpg




f0099535_18345030.jpg




f0099535_18345797.jpg




f0099535_1835941.jpg




f0099535_1835172.jpg




撮影場所  
ワイン城 <神戸>


撮影日   
2007.6.4


晴れおんな♪
[PR]
by hnahitotuma | 2007-06-19 18:35 | *葉と実と木*